ニーズの高まり

野菜は毎日使うものなので、節約のためにはできるだけ安くすませるという考え方があった。有機野菜は製造過程が特殊で、値段が高かったが、それでもニーズが高まっている傾向にある。

Read more

環境に優しい

有機野菜は環境や人体に対する影響に配慮して作られている野菜である。化学肥料に含まれる化学物質は身体の免疫機能が過剰に反応するアレルギー反応を引き起こす可能性がある。

Read more

無農薬との違い

環境や人体に優しい野菜作りには、有機野菜農法と無農薬野菜農法がある。世間的なイメージではこのイメージが同じであるが、厳密には異なる。野菜の味にも影響するので、理解しておくと選ぶ判断基準となる。

Read more

産地を知るサービス

有機野菜はどのように作られているかを知ることが重要なので、産地や製造している農家の情報を知りたいという要望がある。提供側も、情報を袋に明記したり、インターネットで情報提示したりするなどの工夫を行っている。

Read more

安全な野菜

野菜は人間が体に取り入れる栄養素の中でも、もっとも重要なものである。
人間は野菜だけでなく、他の動物の肉も取り入れ、効率よく栄養を摂取するが、野菜だけでも生活をすることができる。
そうした野菜中心の生活を行っている人々が、ベジタリアンやヴィーガンとよばれる人々である。
少しならば肉や動物性タンパク質を取り入れることもあるが、全く肉は食べない人も多い。
それでも、献立を工夫すれば、野菜だけで生きていくことができるのである。
そうした取り組みをしている人以外でも、野菜中心の生活は生活習慣病を予防することにも繫がるので注目されている。
野菜中心の生活の中では、生野菜を取り入れる機会が多い。
サラダや野菜ジュースなどで体に取り入れれば、熱で栄養素が破壊されることがないのでより健康的である。

生で野菜を取り入れるならば、よりその製造過程に関心が向く。
このため、ベジタリアンやヴィーガンという考えが広まってきた現代においては、有機野菜や無農薬野菜など、野菜の製造方法について関心を寄せる人が多くなってきているのである。
無農薬は化学肥料や農薬を使用していないという定義があるが、有機栽培で作られた有機野菜の場合、その使用している肥料の原料についても重要な検討材料となる。
有機野菜は特に乳幼児をもつ親に選ばれている野菜である。
健康で安心に暮らすのであれば、体に取り入れる野菜の製造過程について知りたいと思うのは当然のこと。
ここでは、有機野菜と無農薬野菜の違いや、有機野菜の注文の方法などを紹介していく。

贈り物にも

お歳暮やお中元には、贈られて喜ばれるものを選びたいものである。油や洗剤など、普段使うものが喜ばれやすいが、それならば有機野菜を贈り物に選んでみてはどうだろう。普段使うものなので、喜ばれること間違いない。

Read more

購入サービス

有機野菜の魅力の一つとして、強力な抗酸化作用があるという点である。抗酸化作用があるため、老化を遅らせるエイジングケアの効果がある。農薬を使わない分野菜そのものの生命力が培われるためである。

Read more